日本熊森協会 石川県支部

自然との共生・共栄を基本とした、全ての命の安全と平和を目指す社会を目指して・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

加賀海岸国有林作業ボランティア

山中の林さんからのお知らせです。

現在加賀海岸では全国的に珍しい枯れたマツの子ども
(天然下種更新稚樹)が一面じゅうたん状に生え、
それを育てていくための試験が昨年11月に出発しました。
 この子ども(松の苗)が成長し防災機能を発揮するまで
50年はかかります。
祖先から受け継いだこのマツ林を後世に残すことは
現世代のわれわれの務めと思い、多くの人に呼びかけています。
この試験の結果を踏まえて加賀海岸の保全の方向性が決まる重要な試験です。
いみじくも、来年2011年が植林を始めて100年で節目となります。
なにとぞ、次の世代のためにご協力をお願いいたします。


日時:平成22年4月24日(土)AM10:00~PM3:00
集合場所:10:00に瀬越町キャンプ場駐車場
作業場所:加賀海岸国有林
作業内容:稚樹の測定、ナンバーリング、記録など
     石川森林管理署と石川県林業試験場の人の指示に従ってください。
持ち物:弁当、軍手、ボールペン(もっている人はスケール、ホッチキス)


◆この他にもGWに林さんのご自宅(県民の森の手前)の裏山散策が企画されているようです。


林さん宅 ハワサビ
林さん宅のハワサビの花
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 日本熊森協会 石川県支部 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。