日本熊森協会 石川県支部

自然との共生・共栄を基本とした、全ての命の安全と平和を目指す社会を目指して・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2013年5月予定

先日5月1日(水)に今季3度目になりますが
ブナオ山観察舎に行ってきました。

今年は、4月5日にクマが観察できるようになってから
毎日、クマが観察され4月の中旬以降は
10頭以上のクマが確認される日もあったそうです。

多い時はなんと13頭
その中には2組の親子グマもあったり・・

しかし、20年間ブナオ山観察舎が好きで
毎シーズン来られていた女性などは
以前は、ここでクマが目撃されることは珍しくて
運が良い日にしか見られなかったそうです。

ここ数年、毎年数頭のクマが観察されるようになったそうですが
毎日、しかも多い時には13頭ものクマが観察されるというのは
やはり、今までにない珍しい年なのだそうです。

20130501ブナオやまa
娘が望遠鏡越しに撮った写真
ブナオ山観察舎より

この日は親子グマが出てきてくれていました。

20130501ブナオやまb

しかし・・車に用事で戻り
イモビライザーを鳴らしてしまい(^-^;
観察舎に戻った時には
親子グマは近くのミズナラ?のような木の陰に隠れてしまっていました。
30分ほど見ていましたが、しばらく現れなかったです。
午後からは、また草を食べに現れたようです・・(^-^;

白山スーパー林道の手前の
こんな山奥で、のんびり食事をしていた親子グマさんには
本当に申し訳なかったですが・・


やはり、人間が(変わった?自然界に無い)音を鳴らすなどして
こちらの存在を教えてあげると
彼らは逃げたり隠れたりしてくれることが
結果的に良くわかりました(-_-;)


今年は全国的に山菜取りの方との接触事故が多かったですが
人間側が山に入る時のマナーを踏まえていれば
防げる事故はあったのではないかと思ってしまいます。

今年だけなのか?来年もそうなるかは?わかりませんが
自然のままのツキノワグマが観察できる
ブナオ山観察舎のことを
多くの方に知っていただけたらいいなぁと思いました。

ブナが花芽をたくさんつける年には
木に登って花芽を食べるクマも観察できるそうです。

横田さん撮影 
栃木県 カメラマン 横田氏撮影

5月予定

5月8日(水)定例会 午後7時より
5月12日(日)医王山 山の実り観察会 午前8時より
5月15日(水)地球(テラ)子屋いしくま 午後2時より

スポンサーサイト
別窓 | 自然保護 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 日本熊森協会 石川県支部 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。