日本熊森協会 石川県支部

自然との共生・共栄を基本とした、全ての命の安全と平和を目指す社会を目指して・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2012年10月31日 山の実り調査 (白山麓) 

白山麓に移動している途中で、ふと前を見ると

1031白山b

何やら白いものが目に飛び込んできました。
お?

1031白山a

白山山頂が白くなっていたのでした♪
一番右側にちょこっと見えている白いのが白山山頂の御前峰です。
トゲトゲしているのでわかりやすいです。

紅葉と雪の白さの美しさに加え
このあたりでは車から降りると気温も違って清々しいですね。
胸いっぱい空気を吸って、さらに先へと車を走らせました。

1031白山c

陽も傾きかけているので影ができて見えにくいですが
トラスト地の紅葉も盛りを少し過ぎたくらいでしょうか?
たった10日のことで、ミズナラなども黄色からオレンジに変わっていて
さらに、夕日を浴びて綺麗でした。

トラスト地の中に入ってみると

1031白山d

わかりにくいかもしれませんが(^_^;)
前回来た時には涸れていた沢の水が流れていました。
今年の夏の水不足はこの辺りでは本当に深刻だったんでしょうね。
ここ1~2週間の雨のおかげか?あたりもみずみずしくなっていました。

先ほど見ていた里山の林床とは違って
奥山といえる、この辺りの林床には
ほとんどドングリ(ミズナラ)は見当たりませんでした。

P1300619.jpg

前回は、大きなミズナラの木の下に数個、見つけられたのですが・・
動物たちが必死に探して食べ尽くしたのか?
今日は、ちっとも見つかりませんでした。

P1300611.jpg

里山では、こうやってウロウロしているあいだにも
樹上からドングリがポトッと落ちてはコロコロ転がっていたのに・・
樹種が違うとは言え、あまりの違いに少し寂しい気持ちになりました。

夏の天候が厳しすぎたせいか・・
水不足なのか?
ブナが凶作のせいもあるでしょうか?

リスたちが今年食べたクルミの殻も
見たことがないほど小さかったです。
普段の年ならば直径3センチは超える殻が落ちているのに
今年のは直径2センチ程のが少ししかみつかりませんでした。

今年の秋はこの辺りではエサを得るのが難しいと思いました。
クマたちはエサを求めて下の方におりていったのでしょう。

1031白山f

トラスト地そばの林道の脇にも落ち葉ばかりで・・
里山のようなドングリコロコロはありませんでした。

ただ・・
車で数キロ先に降りると

1031白山j

以前も写真を撮りアップしましたが、
実をつけていたミズナラの木の下には

1031白山k

大きなミズナラの実がゴロゴロ転がっています。

夏の雨の量などで影響を受け実を成熟できないような地域と
下流で水を得られるような地域では実りの状況も違っているのでしょうか?
これは仮定に過ぎないので、今後も何年間も山の実りを見続けていきたいと思います。

1031白山l

実をたくさんつけていたミズナラの山側には・・
美しく水がたくさん流れる沢がありました。
あまりにも綺麗だったので写真を撮ってしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

別窓 | 自然保護 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2013年2月 予定 | 日本熊森協会 石川県支部 | 2012.10.31 山の実り調査 (金沢方面)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日本熊森協会 石川県支部 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。