日本熊森協会 石川県支部

自然との共生・共栄を基本とした、全ての命の安全と平和を目指す社会を目指して・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

第3回ドンプレ

今日は午後から第3回ドンプレでした。

しかし・・午前の仕事前に、急に思い立ち
市内の猟友会の方の仕事場にお邪魔して少しお話を伺ってきました。
アポ無しだったので、お忙しい中、厚かましくお時間をいただき
申し訳ないと思いつつも、どうしても・・と思いしばし待っていました。


その方曰く、今年の今の時期にクマたちが
あんなにガリガリに痩せているのは、ちょっと変だということでした。
そして、自分の仕事場の周りにもコナラなどがあるが
いつもの年の10分の1しか実が落ちていないということでした。

その話に関しては、今年の夏の高温と異常な雨量の少なさで
草なども枯れ、バッタなども消え、ハチも少なかったため
夏の主なエサが昆虫類であるクマたちにとって
夏からエサ不足状態であったことで納得です。

実りに関しても、どうも今年は全体的に遅いイメージです。
写真を撮るのを忘れましたが、その方の仕事場の周辺のコナラは
手のひらより少し大きめな一枝に1個ずつくらいの実りがありました。
それらを今からクマたちが食べるはず・・と思いますが
安心して食べられる場所(奥のほうの山や森)に、そういうものが無ければ
どうしても、人の目に着く場所まで現れてしまう可能性があります。

その方にお願いして、在住の市内のドングリ置き場ポイントを聞いて
早速運びたくなり、すっ飛んでいきました。
そこは、親子グマと大きなオスグマがいるらしく
目撃情報がある地域の裏手の山になるのだそうです。

ヤマドリなどが・・のどかに歩く、スギ林の中の林道は・・
やはり、イノシシ君たちの痕跡が多くて
クマたちにだけ届けるのは難しそうでした。
それでも、イノシシ君たちの痕跡の無い場所を探して

スギと広葉樹の境目辺りの場所に30キロだけ試験的に運びました。
クマたちが食べてくれたら、その場所にもドンドン運びたいです。

午後から、第3回のドンプレでした。
集合場所には、この日のためにとドングリを拾って届けてくれた方が5名
ドングリマン&ドングリーナが7名でした♪
総量245キロのドングリが集まり、2ヶ所に運びました。

第3回ドンプレ

最初の場所はクマダナが増えていました?
前回、気がつかなかっただけかもしれませんが(^^;

クマダナ

次の場所へ移動の途中も・・
道路から、とってもよく見えるクマ棚がありました。
といっても、その辺りは電灯も無く夕方から朝は、
人がほとんど(というか全く?)通らないような場所です。

くまだな

この木の上にクマがエサを食べている姿・・
想像するだけでもウットリですが
実際に見てみたいものだと、皆さん意見が一致しました(笑)

今日運んだドングリは
昨日までに、拾ってくださった方々のおかげで運べました。
こんなに沢山のドングリを運べるのは、本当に凄いことだと思います。

他にも拾ってくださった方がいたのに、わたしのミスで
お預かりに行くことができなくて、とても申し訳なかったです。

本当に・・もっと体がいっぱいあったら・・
いろんなことが出来るのにと、ついつい思ってしまいます。

そして、あったかいメールが沢山届いているのに
今日は、全てにお返事ができずすみません。
明日以降、また時間を見つけてお返事を書きますので・・
どうか、お許し下さい。

今週は水曜日に富山県のドンプレ
週末にも、またドングリ拾い、ドンプレを考えています。
あちこちで、沢山のドングリを拾ってくださっている方方々がおられるおかげで
そういうことも可能なのだと、あらためて感謝です。( ̄- ゚̄ )

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | ドンプレ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<かが市民環境会議 | 日本熊森協会 石川県支部 | 広がる?ドングリ拾いの輪♪>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-10-18 Mon 21:01 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日本熊森協会 石川県支部 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。